七五三の服装は着物に決定!親子で素敵な色のコーディネートは?

 

七五三での子どもの晴れ着が決まった!
親の私もせっかくだから一緒に着物でおしゃれしたい。
でも、どんな風なコーディネートが良いか分からない。
そんな時に参考にしてください

七五三で着る親の服装の注意点

子どもより格を下げる

七五三は子どもが主役の行事なので、母親が子どもより目立つ衣装だと、誰のための行事かわからなくなってしまいます。

着物なら「無地」か「控えめな柄」で子どもを引き立てる色を選ぶと、よりきれいな写真が残せます。

洋装なら「黒」「グレー」「ベージュ」などの落ち着いた色が定番です。

子どもの七五三の衣装は和装か洋装か選びますが、母親の衣装は子どもの衣装に合わせて選びます。注意点は以下の二つです。

  • 子どもが和装なら、母親は和装と洋装どちらも可
  • 子どもが洋装なら、母親は洋装。和装はNG

子どもが洋装のとき母親の和装が推奨されない理由は、洋装と比較した時、和装のほうが格が高く目立ってしまうからです。もし母親の衣装を早く決めたい場合は、洋装を選んでおくと無難でしょう。

子どもと同じ色同じ柄は着ない

子どもと同じ色の衣装だと、主役である子どもが目立たなくなります。

「せっかくの記念だから、同系色で合わせたい」と思う方もいるかもしれませんが、その場合は親が色味を薄くするとよいでしょう。基本的に華美すぎない落ち着いた色と控えめな柄の着物を選ぶことが大切です。

控えめな柄とは?

着物全体にではなく、腕や足元の裾の方にのみ柄が施されているものなどを指します。

柄も縁起の良い柄にしましょう。代表的なものは、桜や牡丹、麻の葉、松竹梅や鶴青海波などが良いでしょう。

子どもとのコーディネート例

子どもは主役なので、派手な柄や色でも、大丈夫です。
年々多種多様になってきていますが、代表的なものの柄との組み合わせを紹介していきます。
子どもとのコーディネート例
子どもの着物が、
暖色(ピンク朱色)で花柄の場合
親の着物は
  • 淡いピンク淡い黄色淡い水色藤色黄緑にしましょう。
  • もちろん柄は、ごちゃごちゃしていない控えめな柄や無地の着物がいいでしょう。
  • 控えめな柄は、裾に桜や牡丹、亀甲や松など縁起のいい柄にしましょう。
子どもの着物が寒色系(系、緑色グレー)なら

親の着物は

  • ピンク系、淡い黄色、水色、淡い黄緑、少し薄めのグレーと水色を掛け合わせた着物の無地もしくは控えめな柄の着物が良いのでしょう。

まとめ

七五三にふさわしい母親の服装として、次の二つが大切です

  • 子どもの服装より格下にすること
  • 主役の子どもを引き立てる服装であること

着物の場合は、

色、柄ともに種類が豊富な訪問着が人気を集めていますが、付け下げ、小紋などから選んでも問題はありません。

また、写真映えする七五三にしたいと思っているなら、子どもと母親の着物を連動させたコーディネートにすると写真映えになります。

購入を考えられるかもしれませんが、レンタルの方が気軽に素敵なコーディネートが出来る事もあります。お店の人も、しっかり相談して決める時間も楽しいですよ。

大切な子どもとの記念日です。子どもと一緒に考えて素敵な一日にしましょう。

筆者は、とてもとてもバタバタして大変だと予測を立てたので、前撮りのみ着物にしました。もちろん、前撮りだけでも大変でした。

何が大変か、

着物着ない!!と駄々こねて

足袋履かないと駄々こねて

撮る頃には疲労困憊

当日を着物にしないと決めて良かったと思った瞬間でした。(我が家では)

大切な、子どもとの記念日。やはり一つの区切りなので「前撮り」、「後撮り」だけなど両親やパートナーを始めフォトスタジオの方やレンタルするお店にしっかり相談して進めましょう。

では、皆様が良い思い出になる七五三を過ごせることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました